窓&ドア周りの施工方法

うまく貼るコツ

多くの方が、窓やドア周りの壁紙の貼り方に戸惑うかもしれませんが、想像より難しくはありません。きれいな仕上がりのために、作業を始める前に適切な施工道具が揃っているかご確認ください。切れ味の良いカッターの刃はマストです。

必要な道具

  • ローラー&トレイ
  • バケツ
  • ハケ (天井や巾木近くなどローラーでは塗りにくい部分用)
  • 地ベラ(上端と下端を真っ直ぐきれいにカットするため)
  • 壁紙用スポンジ(柔らかい布またはスポンジ、できればセルローススポンジ) 
  • 鉛筆 
  • カッター 
  • 壁紙施工道具

[mainImageAlt]
1.
[mainImageAlt]
2.
[mainImageAlt]
3.

1. のりの塗り方はこちらからご確認ください。ハケで窓&ドア枠の周りに、枠ギリギリまでのりを塗ります。枠にのりがついた場合は、拭き取ってください。

2. カットする前に壁紙の柄を合わせ、天井の一番上に固定します。

3. 窓&ドア枠の上角を指で探し当て、角から内側に45度カッターで切り込みます。

[mainImageAlt]
4.
[mainImageAlt]
5.
[mainImageAlt]
6.

4. 竹べらやスムーサーなどで枠の上角から枠に沿って壁紙を圧着し、カッターで端をカットします。

5. 良い切れ味を保つために、のりが固まる前にカッターの刃をきれいにするのをお忘れなく。

6. すべての端で同じことを繰り返します。周りについたのりを湿ったスポンジで拭き取ります。

ご質問がありますか?

お問い合わせ