角部分の貼り方

最強のコツ

2面以上の壁に壁紙を貼る場合は、角部分の貼り方をマスターしましょう。プロの職人からコツを教えてもらいました。

直角ではない角に壁紙を貼るのは難しいです。

壁紙を貼る前に、パテで平らにしたり、削る場合は、できる限り角を直角にすることで、後の壁紙貼りがぐんっとラクになります。コーナーガードなど、直角を作るための道具はお近くのホームセンターでご購入ください。

壁紙注文時に、幅と高さのサイズに5cm(2インチ)足すことをおすすめしています。例:部屋4面の壁に壁紙を貼る場合は、壁毎に5cm足します。つまり、高さに5cm、幅に20cm足すことになります。

必要な道具

  • ローラー&トレイ
  • バケツ
  • ハケ (天井や巾木近くなどローラーでは塗りにくい部分用)
  • 水平器または下げ振り (壁紙を真っ直ぐ貼るため)
  • 地ベラ (上端と下端を真っ直ぐきれいにカットするため)
  • 壁紙用スポンジ(柔らかい布またはスポンジ、できればセルローススポンジ) 
  • 鉛筆

[step1ImageAlt]
1.
[step2ImageAlt]
2.
[step3ImageAlt]
3.
[step4ImageAlt]
4.
[step5ImageAlt]
5.
[step6ImageAlt]
6.

へこんだ角の貼り方

  1. 壁紙の端から角までの長さを測り、約2cm足します。 
  2. それに合わせて、次の壁紙をカットします。 
  3. ハケで角にのりを塗ります。 
  4. 柄を合わせてから、撫でバケで撫でつけ空気を抜きます。 
  5. 次の壁紙を貼る前に、壁紙が垂直水平か確認します。壁紙は端と端を突き合わせて貼るため、角が直角でないと少しの重なりが生じます。のりが乾いた後に継ぎ目に隙間ができる恐れがあるため、壁紙を角に押し入れるように圧着しないでください。

出っぱった角の貼り方

直角の角

  1. 角に壁紙を貼るときは、きれいに貼るために角から2cm以上長くなるように壁紙をカットします。 
  2. 壁紙は端と端を突き合わせて、重ならないように貼ります。

直角ではない角

  1. 壁紙の端から角までの長さを測り、約2cm足します。 
  2. それに合わせて、次の壁紙をカットします。 
  3. ハケで角にのりを塗ります。 
  4. 柄を合わせてから、角を巻き込むように貼ります。きれいに貼るために、壁紙は少なくとも1.5–2cm以上は角を超えるようにします。 
  5. 次の壁紙を貼る前に、垂直水平か確認します。壁紙は端と端を突き合わせて貼りますが、角部分では少しの重なりが生じることがよくあります。

ご質問がありますか?

お問い合わせ